カフェのメニューブックの彫刻

https://kibori-kyousitu.com/wp-content/uploads/2019/07/s512_f_object_174_0bg.jpg

木製メニューブックの彫刻の画像とYoutube動画はページの下部にあるよ。

すぐに画像と動画が見たい人はこちらをクリックしてね。

カフェやホテルのラウンジのメニューブックを見てみると、ソフトビニールからレザー調のもの、小洒落たカフェなら木製のものも見たことがあるのではないでしょうか?

メニューブック

メニューブックの目的は、料理やドリンクの種類と値段が書いた紙を挟むもので、さらに手に持った時に持ちやすく、メニューが見やすいのが良いと思います。

ただ、どれも似たようなものばかりで面白味のあるものは少ないような気がしますね。

ある時、知り合いのカフェの店長さんが、お店にコンサルに入ってもらったときに、コンサルタントから

木でできたカフェのメニュー板が何の装飾もなく寂しいので、「何か絵でも描いてください。」と言われて困っていました。

そんなこんなで困っていることを聞かされた私は、「絵と言わず、彫刻でもしたらどうか?」と言ってみました。

すると、そのカフェの店長さんが「そんなことできるわけない!」

まあ、当然そうなるわなぁ、絵を描くのって意外と技術がいるし、そもそも絵を描くことが好きでもなければ書けないよね。

「いきなり素人に絵を描けと言うのもどうなんだろう?」と思っていたのですが

その方が、あまりにも困っていたので、「もしよかったら、わたしが彫りましょうか?」とメニュー板への彫刻を提案しました。

ちょうどyoutubeに投稿するネタを探していたこともあったので、「メニュー板への彫刻を撮影してyoutubeに投稿できれば一石二鳥じゃないか」と思ったのです。

カフェの店長さんもOKしてくれたので、さっそくカフェのメニュー板への彫刻をしました。

せっかくなので、10席分のメニュー板全てを違うデザインにして、座る席によってお客さんがメニュー板のデザインを楽しめるように、ちょっとしたアートを楽しめるような感じにしてみました。

以下は、その時作ったメニュー板の彫刻の写真とYoutube動画です。

唐草、アカンサス模様をあしらったデザイン






ボタニカル柄のかわいいデザイン




重厚で高級感のある「ギリシャ雷文」のデザイン



蝶々のデザインを彫刻



猫と唐草を組み合わせたデザイン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です